誰もが日常的に経験している肩こりや腰の痛み

去疤膏推薦「やれやれ、またか」と思いながら救急箱から取り出すのは、四角い消炎鎮痛貼付薬。多分それは、「トクホン」か「サロンパス」だろう。日本人なら誰もが知っているこの2製品は、興味深いことにわずか1年違いで誕生している。トクホンは1933(昭和8)年に東京で、サロンパスはその1年後に佐賀県で。今回は日本で初めて量産された消炎鎮痛貼付薬、トクホンの歴史をたどってみよう。


トクホンの生みの親は、明治生まれの鈴木由太郎。幼い頃から薬に興味を持っていた由太郎は、浅草の製薬会社で薬の処方を覚え、若干21歳の若さで独立。1901(明治34)年に医薬品製造販売業 鈴木日本堂を創立する。由太郎が並みの商売人でないことは明らかだった。これからは「消耗するもの、大量生産できるもの、保存できるもの、手軽に持ち運べるもの」こそが売れると考え、その条件に当てはまる貼り薬(貼付型の膏薬・こうやく)に絞って商品づくりを進めたのである。


初の商品となる頭痛膏(こう)「乙女桜」に始まり、風邪薬「オピトリン」、「アカギレ膏」、萬金膏「シカマン」などを次々と発売。中でも消炎鎮痛効果に優れた「シカマン」(途中で「キクマン」に名称変更)は大ヒット商品となり、多くの人々に愛用された。


この頃に売られていた貼り薬は、油や蝋(ろう)で固めた生薬を紙に塗ったもので、貼り付ける時は火であぶって軟らかくしてから使っていた。しかし、これでは貼るまでにどうしても手間がかかってしまう。「もっと簡単で手軽に貼れる薬を作れないものか」──由太郎が求めていたのは、利便性を向上させた新しいタイプの貼り薬だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント